indiesmusic.com

こんにちは。ゲストさん!新規会員登録はコチラから

【COUNTRY YARD】Keisaku "Sit" Matsu-ura(Vo/Ba)による2ndミニアルバム「Bows And Arrows」全曲解説!!

2015/04/02 19:00 UP

4/8(水)に待望の2ndミニアルバム『Bows And Arrows』をリリースするCOUNTRY YARDのフロントマンKeisaku "Sit" Matsu-ura(Vo/Ba)の全曲解説が到着!!最高傑作の呼び声高い今作に込められた想いや、制作背景など必読です!!

【COUNTRY YARD】2ndミニアルバム『Bows And Arrows』全曲解説!!

「Bows And Arrows」全曲試聴・購入はコチラ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
M-1「Life In Metronome」

この曲は決して怒りの表現ではなく、自分の中のギラついた塊を吐き出してみた曲。人生はメトロノームのようにリズムを刻み、やがてスピードを落とし、止まってしまう。止まってしまったものに対して、「こうしておけば良かった」「こう伝えておけばよかった」という後悔のないように、あなたが忘れないよう、何度も歌い伝え続けるという意思の歌。
この曲は4人のアレンジ能力が冴え渡った曲。展開、構成については何度も話し合ったし、試アレンジを重ねて出来上がりました。
特に間奏のギター陣のテイクには脱帽。力強いエネルギーと存在感で1曲目に相応しい曲になったと思います。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
M-2「Hold On」

もしもその先の目標や、夢に扉を閉めて鍵をかけそうな人がいたら「ちょっと待って、もう少し頑張ってみようぜ」っていう勝手に背中を押したい歌。笑
サビのメロディが最初に出て来て、そこから物語を進めて行った。メンバーに曲を聞いてもらった時「良いじゃんこの曲」って言われたのが嬉しかったのを覚えてます。アレンジが何回も変わってて、ワンマンの時に披露した時とアレンジも変わってます。それだけギリギリまで正解を追い求めた妥協の無い曲です。個人的には最後サビのみやもの歌が凄いグッと来るんです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
M-3「open up」

もう1曲、Quarkに対抗できるショートチューンを作りたいと思って書いた曲。短いながらも凄いパワーを持った曲だと思います。凍った弓を引くことは出来ない、冷たくなった心を暖めようっていうのがテーマです。勢いだけでなく、短いながらに聴かせる要素も持ってると思います、コーラスにも拘ってるのでそこもよく聴いてもらえると嬉しいです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
M-4「Elegia」

この曲は最後の最後で残り1曲が書けなくて、社長であるリョウスケさんに5曲でも良いかという打診をしたところ、まだ時間はあるから焦らずじっくり作ったらいいと言ってもらい、何か肩の力が抜けて翌日に一気に書いた曲。
今までには無いリズムだったり、大サビのコーラスだったり、新しい事に挑戦した曲でもあります。
テーマは暗い夜から明るい朝を迎えるイメージ。もしも暗いトンネルを彷徨う人がいたら、その先の出口を照らせるような曲であってほしいなと思います。redbull studio tokyoでの生演奏をレコーディングしてMVにもなっているので、是非チェックしてもらいたいです。⇒「Elegia」MV @ Redbull Studio Tokyo
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
M-5「I'm Alright,You're Alright」

この曲はデモを持って行った段階からかなり進化を遂げた曲だと思います。サビであそこまで落とすのは初めての試みだったし、全体的に挑戦してます。1個1個のコーラスもかなり細かく入れています。タイちゃんの強く優しいドラムに、ギターの音がまた切なく素晴らしい哀愁感を持って来てくれた、歌入れの時はかなりプレッシャーではあったけど、良いテイクが録れたと思います。
何があっても、俺も君も大丈夫だよっていうメッセージソング。ネガティブな音に聴こえて、実は前向きなメッセージを歌ってます。この曲もredbull studio tokyoでの生演奏がMVになってます。そちらも合わせて是非。
「I'm Alright,You're Alrigh」MV @ Redbull Studio Tokyo
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
M-6「From My Hand」

この曲はアレンジにかなり時間をかけた記憶が。イメージの一致までに時間はかかったけど、方向が定まってからは早かったと思います。これからの季節、これを聴きながら、ただ外を歩いてほしい。笑
暖かく優しい歌を目指して作りました、ライブでもその時間を一つに出来るようなパワーを持ってると勝手に思ってます。
テーマはその手から拡がっていく世界。攻撃的な意味ではなく、心を開いておこうぜっていう意味。COUNTRY YARDに新たな風を吹き込んだ曲だと思います。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

以上、ザックリと書いてしまいましたが、1番は実際に聴いて感じてもらえるのが嬉しいです。今までの自分達を知ってくれてる人にも、これから知ってくれる人にも、誤解なく真っ直ぐ届いてくれることを願ってます。俺達4人の魂の塊です。
Bows And Arrows、なんか気の合う奴だったら少し側に置いてやってください。

COUNTRY YARD OFFICIAL SITE
http://step-up-records.com/countryyard/