indiesmusic.com

こんにちは。ゲストさん!新規会員登録はコチラから

超現実至上主義宣言

アーティスト teto
レーベル UK PROJECT
ジャンル Rock
メディア CD
発売日 2019/10/23
品 番 UKCD-1182
商品価格 ¥2860 (税込) [販売中 ]  ※ショッピング(通販)について
ショッピングカートに入れる

ファーストアルバムから約一年。前作に続き15曲を収録したセカンドアルバム「超現実至上主義宣言」が10月23日に発売決定。

セカンドアルバムの1曲目は「光るまち」から始まる。この楽曲は2018年3月に発売のシングル「忘れた」に収録されたアコースティックバージョンをバンドサウンドに。初っ端から色濃く、聴き手の感情に入りこみ何かが蠢きだす。そして今作のリード曲となるM2「蜩」で蠢きだした何かが聴き手を浸食していく。郷愁さと哀愁さを感じさせるアッパーチューンからM3「kill&miss」に。掻き毟るギター、溢れるテンション。90年代にパンクシーンを築いたライブハウスであり、今はなき西荻WATTSを思い出す。M4「ねぇねぇデイジー」、M5「suimo amaimo」とteto流ポップチューンが続き、M6「ラストワルツ」でシンセを導入した四つ打ちサウンドから、M7「螺旋階段」ではローファイなガレージサウンドに。M8「夜想曲」は今年4月に発売のシングルにも収録。アルバムも中盤を終え喜怒哀楽が混沌と混在した本作に、ストレートな楽曲M9「不透明恋愛」で聴き手の抑揚を乱れさす。M10「声のもと」、M11「コーンポタージュ」と切なさを感じさせる展開から、「夜想曲」と同じくシングルに収録のM12「時代」に。M13「ただいまおかえり」はWEEZERのようなキュンとくるナンバー。フィードバックノイズから始まるオルタナティブなM14「全肯否定」。アルバム最後を締めるM15「LIFE」はネオアコのような甘酸っぱさ、煌びやかさに染みる。そして浸る。序盤に書いていた「蠢き」はアルバムのフル尺62分6秒が経過する頃には浄化されどこかに消えていった。

この商品には以下の楽曲が収録されています

  • 01. 光るまち 

  • 02. 蜩 

  • 03. kill&miss 

  • 04. ねぇねぇデイジー 

  • 05. suimo amaimo 

  • 06. ラストワルツ 

  • 07. 螺旋階段 

  • 08. 夜想曲 

  • 09. 不透明恋愛 

  • 10. 声のもと 

  • 11. コーンポタージュ 

  • 12. 時代 

  • 13. ただいまおかえり 

  • 14. 全肯否定 

  • 15. LIFE